子供から大人の方まで

小児期では歯列不正の予防という考えを大切にしています。
成人の方は歯列不正がもとで歯周病や虫歯を併発されている方もいらっしゃいます。
歯列矯正と歯科疾患の両面から治療し審美と機能改善をはかり、健康を回復されることを考えます。

歯並びが悪くなる傾向があれば早めに受診ください。

「いつから矯正治療を始めればいいですか?」親御様からよくうける質問です。
矯正治療の開始時期はお子様の歯や顎の成長具合によって異なります。
一概に何歳から開始するとか、大人の歯が生えそろってから開始というわけではありません。
大切なのはまず状態を把握し、適切な時期に治療が開始できるように備えておくことです。
また、骨格だけでなく日常の習癖なども歯列不正の原因になっていることが多いです。
矯正装置の装着する以前からでも悪い習癖を改善することは効果的です。

最適なタイミングで治療を開始するメリット

歯の生え変わり、顎の成長を利用することでスムーズに歯の移動をすることができます。
例えば、歯列不正でよく見られる叢生(歯が重なったり、混み合った状態)は
歯の並ぶスペースの不足から起こります。
成人と比較してお子様の場合は、成長期の柔軟な顎骨を拡大して
永久歯を並べるスペースを作りやすいです。
適切なタイミングで治療することで、問題が大きくなる前に対処でき、
治療費を抑えられる可能性もあります。
また、指しゃぶり、口呼吸、唇の癖や、舌の癖など、お口の周囲の問題により、
歯並びを悪化させているケースもあります。早めに原因を把握し改善するほうが好ましいです。

矯正装置について

下記掲載の2点以外にも、いろいろ矯正装置がございます。
患者さんとの相談により、装置を選択いたします。

  • 矯正装置

    リンガルアーチ

    顎の成長を促進し拡大させる装置です。

  • 矯正装置

    急速拡大装置

    顎の成長を促進し拡大させる装置です。
    主に小学校高学年から中学生ぐらいまでの方に用います。

矯正治療の流れ

「まずは無料相談の予約をお取りください」

初診・精密検査
初診無料カウンセリングで患者様のお悩みをお伺いします。
治療の必要性有無や適切な開始時期、費用などについて概要をお伝えします。
そのうえで精密検査口腔内写真やレントゲン撮影、歯型の採取など治療に必要な情報を収集します。
それをもとに歯並びの異常の原因を解明します。
診断結果・治療計画の説明
検査結果をわかりやすく噛み砕いてお伝えし
考えられる最良の治療の選択肢を患者様に分かりやすく説明します。
高校生以下の方は必ず保護者の方もご同席下さい。
ブラッシングの指導
治療開始の準備としてお口の中の清掃を行います。
装置の装着後は、ブラッシングがしにくく、虫歯になりやすくなりますので、
ブラッシングの指導を行います。
治療開始
矯正装置を装着します。
永久歯の矯正治療装置
永久歯の矯正治療装置
当院では前歯には標準で白い装置を用いております。
メンテナンス(保定期間)
矯正治療終了後の歯は、もとの位置に戻ろうとするため、
取り外し式の保定装置を出来るだけ長い時間装着していただき、歯並びの安定を待ちます。
半年ほどたって安定してくると就寝時だけでもよくなります。
保定期間は最低1年~3年ですが状態により異なります。3~4ヶ月ごとにチェックします。
治療完了
保定が終了すれば矯正治療は完了ですが、かみ合わせ、むし歯や歯周病のチェックやメンテナンスで予防していきましょう。

矯正治療費について

相談は無料です。
検査、診断に5000円頂きます。
治療費は総額制にしました。
装置を替える度に装着料がかかったり、治療に来るたびに調節料がかかったりする料金体系では
満足のいく治療が提供できないと思いました。
ですから最初にお話しした金額以外はかかりません
分割でのお支払いができます。(無審査、無利息です)
矯正治療は治療期間が長いため、治療期間中に分割でのお支払いを受け付けております。
銀行やローン会社をはさまないため手数料や金利はかかりません。

治療料金

1期治療(乳歯、永久歯が混在する場合、装置を作って治療する)23万円
2期治療(大人の歯にブラケットを装着しワイヤーを入れる) 68万円
1期治療を行った後の2期治療費は45万円。
※前歯には標準で白い矯正ブラケットを使用いたします。

治療症例

3歳児検診で歯並びの不正を指摘された患者さんです。このままでは永久歯の歯並びが悪くなることが予想されたため、取り外し式の装置で矯正しました。治療期間はおよそ6カ月間です。

AKASHI DENTAL CLINIC

→

AKASHI DENTAL CLINIC

治療症例一覧はこちら

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は必ずしも必要な処置ではありません。
中には一生親知らずを残したままの人をいらっしゃいます。
ではなぜ親知らずを抜歯する人が多いのでしょうか?
親知らずは一番奥にあるため、歯ブラシが行き着きにくく、
汚れが溜まりやすいため、虫歯歯ぐきの腫れの原因になりやすい歯です。
また、昔の人に比べて現代人はあごが小さくなってきています。そのため親知らずが生える十分なスペースがありません。
一部しか生えなかったり、横に生えてしまうのはそのせいであり、その結果、隣の歯を圧迫して痛みが出たり、歯並びの不正を引き起こします。
これらの理由により、悪影響を及ぼす親知らずについては
抜歯することをお勧めします。

インフォメーション